バックナンバー

  • 2021/06/11 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.237 世界の歴史を変えた最も短い言葉
  • 2021/06/10 (Thu) 16:50
    弊社の図上コンサルティングの模様がテレビ放映されたビデオが公開されました。
  • 2021/06/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.236 シンデレラ・リバティって何だ?
  • 2021/05/28 (Fri) 10:41
    弊社の図上演習を取材した番組について
  • 2021/05/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.235 猿が木から落ちたところを撮られた『時代のニューウェーブ』
  • 2021/05/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.234  アメリカ大陸横断ドライブ
  • 2021/05/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.233  料理の腕と言うものは・・・
  • 2021/05/07 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.232  半ドン
  • 2021/04/30 (Fri) 06:15
    指揮官の休日 No.231 存在しないのに存在するとされた文書、存在していたのに無かったことにされた文書
  • 2021/04/23 (Fri) 13:39
    指揮官の休日 No.230 仏の顔も三度まで
  • 2021/04/16 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.229 ゴルフと外交
  • 2021/04/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.228 コンピューターを使って・・・・?
  • 2021/04/02 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.227 物言えば唇寒し・・・
  • 2021/03/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.226 最も短い会話
  • 2021/03/19 (Fri) 07:11
    指揮官の休日 No.225 Between wind and water
  • 2021/03/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.224 『ヘンリ・ライクロフトの私記』とストレスケア
  • 2021/03/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.223 ウジェーヌ・ブーダンの風景
  • 2021/02/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.222 ジャカランダの木
  • 2021/02/19 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.221 なぜ飛行機は左側から乗るのでしょう?
  • 2021/02/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.220 人権意識の芽生え
  • 2021/02/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.219 人権意識の芽生え
  • 2021/01/29 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.218 寒さを感じる音、暖かさを感じる色
  • 2021/01/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.217 1973年1月27日
  • 2021/01/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.216 心の糧の価値
  • 2021/01/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.215 なにか変だなぁ
  • 2021/01/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.214 船のお正月の過ごし方
  • 2020/12/25 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.213 KGBと飲んだよ
  • 2020/12/18 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.212 グロッグ
  • 2020/12/11 (Fri) 07:44
    指揮官の休日 No.211 シーマンシップ
  • 2020/12/11 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.210 12月8日
  • 2020/12/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.210 12月8日
  • 2020/11/27 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.209 ライダー気質
  • 2020/11/20 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.208 時代錯誤に陥った話
  • 2020/11/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.207 船酔い
  • 2020/11/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.206 勲章の重さ
  • 2020/10/30 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.205 秋の夜長に聴きたい音楽 その2
  • 2020/10/23 (Fri) 10:45
    指揮官の休日 No.204 秋の夜長に聴きたい音楽
  • 2020/10/23 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.204 秋の夜長に聴きたい音楽
  • 2020/10/18 (Sun) 07:40
    指揮官の休日 No.203 上智大学恐るべし
  • 2020/10/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.202  お臍がお茶を沸かす話
  • 2020/10/02 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.201  判子廃止 大賛成!
  • 2020/09/25 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.200 最も短い命令
  • 2020/09/18 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.199 トップの命令に反抗する組織
  • 2020/09/11 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.198 Keep calm and carry on
  • 2020/09/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.197 ポルシェの代理店ではございません
  • 2020/08/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.196 呪われた夜
  • 2020/08/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.195 I`m going to the head.
  • 2020/08/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.194 ニブリックってなぁに?
  • 2020/08/07 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.193 ダイアナさん
  • 2020/07/31 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.192 消化不良を起こさないかな?
  • 2020/07/24 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.191 101
  • 2020/07/17 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.190 白い靴墨
  • 2020/07/10 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.189 『威風堂々』
  • 2020/07/03 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.188 日本には海の文化がないだぁ?
  • 2020/06/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.187 英語でジョーク
  • 2020/06/19 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.186 Three sheet in the wind
  • 2020/06/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.185 バケ学なんか嫌いだ!
  • 2020/06/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.184 We'll meet again.
  • 2020/05/29 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.183 ノアの方舟
  • 2020/05/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.182 公務員の質的低下を憂う
  • 2020/05/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.181 HyperCardをご存じですか?
  • 2020/05/08 (Fri) 07:24
    指揮官の休日 No.180 Gonna fly now
  • 2020/05/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.180 Gonna fly now
  • 2020/05/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.179 ソーシャルディスタンス
  • 2020/04/24 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.178 USO
  • 2020/04/17 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.177 バチカン:ローマカトリック教会
  • 2020/04/10 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.176 ソーシャルディスタンス? プロの技を舐めてはいけない
  • 2020/04/03 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.175 口は禍の元、筆も災いの元
  • 2020/03/27 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.174 桜の想い出 (再配信)
  • 2020/03/20 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.173 贈る言葉 その3
  • 2020/03/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.172 贈る言葉 その2
  • 2020/03/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.171 贈る言葉
  • 2020/02/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.170 裕次郎さん
  • 2020/02/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.169 加山さん
  • 2020/02/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.168 激闘! 厳冬の房総半島沖100km 北太平洋真冬の洋上決戦!!
  • 2020/02/07 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.167 キャッシュレス社会
  • 2020/01/31 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.166 絶滅危惧種??
  • 2020/01/24 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.165 ブックエンド
  • 2020/01/17 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.164 司令長官 戦塵に倒る 最高指揮官戦線離脱後、次席指揮官は・・・
  • 2020/01/10 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.163 Know the ropes
  • 2020/01/03 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.162 絶滅危惧種
  • 2019/12/27 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.161 年の瀬ですね
  • 2019/12/20 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.160 海岸はcoast? それともshore?
  • 2019/12/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.159 「浜辺のうた」
  • 2019/12/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.158 12月8日
  • 2019/11/29 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.157 方言について
  • 2019/11/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.156 ポルシェが悪いわけではないのですが
  • 2019/11/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.155 中国原子力潜水艦領海侵犯事件 再録
  • 2019/11/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.154  ラグビーワールドカップ2019が終わりましたね
  • 2019/11/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.153  セント・エルモの火
  • 2019/10/25 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.152 氷雨って夏に降るものだと知ってました?
  • 2019/10/18 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.151 台風の時、船では何をしているのでしょうか?
  • 2019/10/11 (Fri) 06:48
    指揮官の休日 No.150 船のスピードは?
  • 2019/10/11 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.149 台風のシーズンですね
  • 2019/10/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.149 台風のシーズンですね
  • 2019/09/27 (Fri) 07:45
    指揮官の休日 No.148 キリ? モヤ?
  • 2019/09/20 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.147 なぜ我が家に司令長官が君臨しているのか
  • 2019/09/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.146 中秋の名月と13日の金曜日
  • 2019/09/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.145 記憶力
  • 2019/08/30 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.144 紅茶のお話
  • 2019/08/23 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.143  BZ
  • 2019/08/16 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.142  スカッパー
  • 2019/08/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.141 素朴な疑問
  • 2019/08/02 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.140 胸躍る瞬間
  • 2019/07/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.139 夏だ! キャンプだ!・・・?
  • 2019/07/19 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.138 何が面白いの?
  • 2019/07/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.137 レッコ!
  • 2019/07/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.136 夏だ! ヨットのシーズンだ!・・・?
  • 2019/06/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.135 あまり役に立たない鎌倉観光案内
  • 2019/06/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.134 なぜパイロットは「了解」を”roger” と言うのだろうか
  • 2019/06/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.133 " shaken , not stirred "
  • 2019/06/07 (Fri) 09:30
    指揮官の休日 No.132 ギャング
  • 2019/05/31 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.131 暗夜に霜の落つるが如く
  • 2019/05/24 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.130 電子はゆっくり動く
  • 2019/05/17 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.129 ギネスの記録が作られたぞ!
  • 2019/05/10 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.128 やっぱり司令官の女房は・・・
  • 2019/05/03 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.127 初心に帰って珈琲
  • 2019/04/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.126 令和の時代になりますね
  • 2019/04/19 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.125 朝食バイキング
  • 2019/04/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.124 巨星征く
  • 2019/04/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.123 お酌
  • 2019/03/29 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.122 桜の想い出(再録)
  • 2019/03/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.121 Short Stay
  • 2019/03/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.120 メシとエサの差
  • 2019/03/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.119 米国食べもの事情 その1
  • 2019/03/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.118 地球の引力
  • 2019/02/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.117 日本は世界4位の海洋大国・・・?
  • 2019/02/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.116 13分経ったら起こせ
  • 2019/02/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.115 納得できない政策
  • 2019/02/02 (Sat) 21:50
    指揮官の休日 No.114 ダイニング・イン/ダイニング・アウト
  • 2019/02/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.114 ダイニング・イン/ダイニング・アウト
  • 2019/01/25 (Fri) 13:29
    指揮官の休日 No.113 ラグビー精神の営業
  • 2019/01/18 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.112 Dead marine
  • 2019/01/11 (Fri) 06:40
    指揮官の休日 No.111 提督たちの夢
  • 2019/01/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.110 コーヒー
  • 2018/12/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.109 No.9
  • 2018/12/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.108 リパブリック賛歌の心象風景
  • 2018/12/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.107 船長はキャプテン?
  • 2018/12/07 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.106 アリゴ
  • 2018/12/01 (Sat) 11:39
    再送 : 指揮官の休日 No.105 絆
  • 2018/11/30 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.105 絆
  • 2018/11/23 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.104 メクラ判事件
  • 2018/11/16 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.103 奇跡の人
  • 2018/11/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.102 不可能なことなんかない
  • 2018/11/01 (Thu) 06:30
    指揮官の休日 No.101 自衛隊記念日号:改憲論議
  • 2018/10/26 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.100 100回記念号:カピバラさんがやってきた
  • 2018/10/19 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.099 13時間かけて飲みに行った珈琲
  • 2018/10/12 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.098 カラオケはお好きですか?
  • 2018/10/05 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.097 ああ勘違い
  • 2018/09/28 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.096 世界一有名な募集広告に思うこと
  • 2018/09/21 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.095 カッコいい男たち
  • 2018/09/14 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.094 ウィンナ・コーヒー
  • 2018/09/07 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.093 危機管理ができていないのかなぁ
  • 2018/08/31 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.092  ヨット乗りには信じてもらえない本当のお話:一杯の紅茶
  • 2018/08/24 (Fri) 10:50
    指揮官の休日 No.091 貝殻 shellback
  • 2018/08/24 (Fri) 10:30
    指揮官の休日 No.090 男の料理
  • 2018/08/17 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.090 男の料理
  • 2018/08/10 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.089 ドンマイ
  • 2018/08/03 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.088 One for all, all for one
  • 2018/07/27 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.087  Ein Prosit
  • 2018/07/20 (Fri) 12:00
    指揮官の休日 No.086  水割り
  • 2018/07/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.085  里の秋
  • 2018/07/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.084  七夕
  • 2018/06/29 (Fri) 08:15
    指揮官の休日 No.083  「お願いします」「どうぞ」:学校で教えないちょっとした言い回し
  • 2018/06/22 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.082  特別支援学校との絆 その2
  • 2018/06/15 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.081  特別支援学校との絆
  • 2018/06/08 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.080  歩行喫煙 vs 路上喫煙
  • 2018/06/01 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.079  オールド・シードッグ
  • 2018/05/25 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.078  高貴さは義務を強制する
  • 2018/05/18 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.077 カレーは金曜日
  • 2018/05/11 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.076 珈琲のお話
  • 2018/05/04 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.075 ぶどう酒のお話
  • 2018/04/27 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.074 幸せを感じる一瞬
  • 2018/04/20 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.073 ワインのお話
  • 2018/04/13 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.072 サ―ウェスタ―
  • 2018/04/06 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.071 スピード違反の音楽
  • 2018/03/30 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.070 水と油
  • 2018/03/23 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.069 敵艦見ユトノ警報ニ接シ・・・・
  • 2018/03/16 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.068 『海の想い出』?
  • 2018/03/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.067  ティファニーで朝食を
  • 2018/03/02 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.066 何だったんだろう?
  • 2018/02/23 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.065 武家の作法
  • 2018/02/16 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.064 何でセレモニーホールの人ばかりなの?
  • 2018/02/09 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.063 スコットランド・ザ・ブレイブ
  • 2018/02/02 (Fri) 06:30
    指揮官の休日 No.062 白旗を揚げる
  • 2018/01/26 (Fri) 06:00
    指揮官の休日 No.061 我は海の子
  • 2018/01/19 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.060 ゴルフに行きましょうよぉー
  • 2018/01/12 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.059 ドライマティーニの想い出
  • 2018/01/02 (Tue) 08:45
    指揮官の休日 No.058 珈琲のお話
  • 2017/12/29 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.057 淑女はフワフワがお好き?
  • 2017/12/22 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.056 軍隊に民主主義はない! その2
  • 2017/12/15 (Fri) 08:45
    指揮官の休日 No.055 軍隊に民主主義はない!
  • 2017/12/08 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.054 『乾杯』
  • 2017/12/01 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.053 ビスケットとクッキー
  • 2017/11/24 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.052 グルメ?
  • 2017/11/17 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.051 「願います」
  • 2017/11/10 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.050 8点鐘
  • 2017/11/03 (Fri) 12:30
    指揮官の休日 No.049 なぜ船は「彼女」とよばれるのか
  • 2017/11/03 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.047 before the mast
  • 2017/10/27 (Fri) 09:40
    指揮官の休日 No.048 アフタヌーンティー
  • 2017/10/22 (Sun) 07:27
    指揮官の休日 No.047 before the mast
  • 2017/10/13 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.046 Dry Navy
  • 2017/10/06 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.045 ホワイトテラス
  • 2017/09/29 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.044 あの頃観た映画
  • 2017/09/22 (Fri) 10:00
    指揮官の休日 No.043 信号旗
  • 2017/09/15 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.042 時間短縮
  • 2017/09/08 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.041 ドライブはお好きでしょ?
  • 2017/09/01 (Fri) 09:15
    指揮官の休日 No.040 中国原子力潜水艦領海侵犯事件
  • 2017/08/25 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.039 アイスで・・・
  • 2017/08/18 (Fri) 09:45
    指揮官の休日 No.038 フォネティックコード
  • 2017/08/11 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.037 横浜憧憬 その2
  • 2017/08/01 (Tue) 17:45
    指揮官の休日 No.036 呆れてものが言えない
  • 2017/07/28 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.035 マーロウ
  • 2017/07/21 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.034 湘南人のパスポート
  • 2017/07/14 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.033 万歳の正しい作法
  • 2017/07/07 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.032 "Head"
  • 2017/06/30 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.031 「憲法改正論議」
  • 2017/06/23 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.030 「五省」
  • 2017/06/16 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.029 「通勤時間」
  • 2017/06/09 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.028 「スピネーカー」
  • 2017/06/02 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.027 「サドルバック」
  • 2017/05/26 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.026 「コーヒー」
  • 2017/05/19 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.025 「海の王子 ?」
  • 2017/05/12 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.024 「Navy Shower」
  • 2017/05/05 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.023 「憲法改正?」
  • 2017/04/28 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.022 「歌の先生」
  • 2017/04/21 (Fri) 15:00
    指揮官の休日 No.021 「ノースショア」
  • 2017/04/14 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.020 「キャプテン・スミス事件」
  • 2017/04/07 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.019 「名人の技」
  • 2017/03/31 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.018 「桜の想い出」
  • 2017/03/24 (Fri) 08:15
    指揮官の休日 No.017 「Splice the main brace」
  • 2017/03/17 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.016  「フェンスの向こうのアメリカ・・・・横浜憧憬
  • 2017/03/10 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.015  「あの日・・・」
  • 2017/03/03 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.014  「同窓会」
  • 2017/02/24 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.013 「日本人は海が好き?」
  • 2017/02/17 (Fri) 08:30
    指揮官の休日 No.012 「返せ 北方領土 ?」
  • 2017/02/10 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.011 「ボタンの掛け違い」
  • 2017/02/04 (Sat) 10:15
    指揮官の休日 No.010 「韓国からの観光客」
  • 2017/01/27 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.009  「臨機応変の措置」
  • 2017/01/20 (Fri) 09:00
    指揮官の休日 No.008  「司令官の女房は・・・」
  • 2017/01/13 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.007  「ウィスキーの肴」
  • 2017/01/06 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.006  「右、左はライト、レフトだけではありません」
  • 2016/12/30 (Fri) 08:20
    指揮官の休日 No.005  「美味しい記憶」
  • 2016/12/23 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.004  「あの頃あこがれた映画のシーン」
  • 2016/12/22 (Thu) 18:15
    指揮官の休日 No.003 「ドライマティーニ」
  • 2016/12/22 (Thu) 18:10
    指揮官の休日 No.002 「コーヒー」
  • 2016/12/22 (Thu) 18:05
    指揮官の休日 No.001 「極上の休日の過ごし方」
  • 2016/12/22 (Thu) 18:00
    指揮官の休日 No.000 「創刊準備号」
  • 2016/12/16 (Fri) 08:15
    指揮官の休日 No.003 「ドライマティーニ」
  • 2016/12/09 (Fri) 08:15
    指揮官の休日 No.002 「コーヒー」
  • 2016/12/02 (Fri) 08:00
    指揮官の休日 No.001 「極上の休日の過ごし方」
  • 2016/11/30 (Wed) 09:18
    指揮官の休日 No.001 「極上の休日の過ごし方」
  • 2016/11/28 (Mon) 20:01
    指揮官の休日 No.000 「創刊準備号」

指揮官の休日 No.101 自衛隊記念日号:改憲論議

2018/11/01 (Thu) 06:30
XXXX 様


-------------------------------------------------------------------
指揮官の休日
――コーヒーで始まり、ドライマティーニで締めくくる心豊かな一日――
-------------------------------------------------------------------
 危機管理に挑む経営者の皆様に贈るメールマガジンです。
 当社コラム「指揮官の決断」の更新のお知らせ、当社セミナー情報はもちろん、危機管理の参考となる図書、是非参加をお薦めする他社主催のセミナーなどの情報をお届けして参ります。

 あわせて、常時厳しい緊張状態を強いられている経営者の皆様にちょっと一息ついて頂けるような話題を選んでお送りします。「コーヒーで始まり、ドライマティーニで締めくくる心豊かな一日」というサブタイトルも、日頃すさまじいストレスにさらされながらも頑張っている経営者の皆様に、たまにはそんな日がありますようにという想いを込めています。

 途中からお読みの方は、お時間のあるときに是非バックナンバーをお読みください。
ワンクリックでバックナンバーを読んで頂けます。
https://q.bmv.jp/bm/p/bn/list.php?i=aegismm&no=all


 専門コラム「指揮官の決断」は、No.109 自己責任? を掲載いたしました。
 
 巷間を賑わしている自己責任論について考えています。

 詳しくは、https://aegis-cms.co.jp/1325  をご覧ください。




No.109 自衛隊記念日号:改憲論議
 
 毎週週末モードに入りそうな頃にお送りすることが多い当メールマガジンですが、今回は若干理由があって早めに配信させて頂きます。
 このメールマガジンは専門コラム「指揮官の決断」の更新をお知らせし、あわせてストレスの多い日常を送っておられる皆様にちょっとした息抜きをして頂くために配信しております。サブタイトルが「コーヒーで始まり、ドライマティーニで締めくくる心豊かな一日」となっているのはそのためです。
 
 したがって、基本的にはメールマガジンにはどうでもいい内容を盛り込み、専門コラムをしっかりと読んで頂きたいと思っております。
 ただし、専門コラムはその名のとおり「専門コラム」であり、危機管理に関する話題を取り上げるのを原則としておりますので、それ以外の内容についてはこちらのメールマガジンで取り上げさせて頂いています。

 今回もそのような内容であり、危機管理の話題ではないので、こちらのメールマガジンで配信させて頂きます。
 いつもよりちょっと真面目に綴っています。
 したがって面白い読み物ではありません。
 読むのに肩が凝るかもしれませんし、私の主張に納得できない方も多々おられることを覚悟しています。
 ただ、皆様に考えて頂きたい問題です。

 今日は自衛隊記念日です。
 本来、自衛隊の創立は7月1日なのですが、7月は台風などによる災害派遣で自衛隊の部隊が出動していることが多く、記念日行事を行うにふさわしくないということなどから11月1日が記念日として選ばれたと聞いたことがあります。

 第4次安倍内閣が組閣され、改憲論議がいよいよ本格化しようとしています。
 
 先日、母校に用事があって四ツ谷の駅前を歩いていたら、交差点で街頭演説を行っている団体がありました。
 護憲を主張する団体で、信号待ちの間に彼らの演説を聞いていたのですが、要は戦後我が国が平和であったのは憲法第9条があったからで、安倍内閣は日本を戦争ができる国にしようとしている、日本にはそのような軍隊は必要ないし、米軍も必要がない、それらはこの国を戦争ができる国にしてしまうだけだ、という論理です。
 
 私はこの論理に組みするつもりは全くありません。
 第9条があったから戦争が無かったというなら、憲法を改正して地震や台風はこの国を襲ってはならないと書けばいいということになります。ついでに富士山も噴火してはならないことにする必要があるでしょう。
 
 しかし、それでは憲法改正に賛成かというと必ずしも首を縦に振るわけではありません。
 
 憲法を改正すべきという方々の論点は大きく分けて二種類あるように見受けられます。
 一つは、戦力の不保持を謳っているが例え自衛のためであっても戦力を持てないのは不都合、交戦権が無ければ自衛のための戦争もできない、というものです。
 たしかに戦力には侵略のための戦力もあれば自衛のための戦力もあります。そして交戦権は単純に戦時国際法上の概念なので、交戦権がなければ自衛のためであろうと敵の武器の破壊や敵兵の殺傷はできません。
 法の解釈としては、説得力がありそうな気がします。

 もう一つの論点は、憲法に自衛隊の存在を明記しなければ自衛隊がいつまでも日の目を見ないということと、さらに自衛隊の存在を明記せずに曖昧にしておくと、その自衛隊に対するシビリアンコントロールが効かないおそれがあるというものです。
 これにも一応の論拠があるように見えないことはありません。

 私が憲法改正に簡単に納得していないのは、改正すべきという論点が上記のようなものだからです。
 
 現在、自衛隊が憲法違反だとしているのは一部の学校教師とほとんどの憲法学者ですが、彼らが意見だとする根拠は第一の論点に示されている戦力の不保持と交戦権の否認です。
 
 私は自衛隊が憲法違反の存在であると教えられた高校生の頃から、社会科の教師や憲法学者というのは日本語が理解できないのかなと疑いを持ってきました。

 憲法第9条第2項は「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦略は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と謳っています。
 「前項の目的を達するため」なのです。
 それでは「前項の目的」は何かと言うことになります。
 憲法第9条が明文で明らかにしているのは、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」ということです。

 例えば、我が国の領土に対する急迫不正の侵害が行われたり、我が国に必要なエネルギーや食糧などの輸送が脅かされる状況が生起した場合、これに対抗することを国権の発動たる戦争というのか、武力による威嚇または行使にあたるのかということをちょっとでも考えればいいことです。
 日本に向けて航海中のタンカーがインド洋で次々に撃沈され、尖閣諸島に外国軍隊が入り込んで要塞を作り始めた時、これに対処することが国権の発動たる戦争なのか、武力による威嚇になるのかということです。
 護憲派の主張は、これまでのあらゆる戦争は自衛を口実として行われたというものですが、だからと言って本当の自衛のための武力の行使が否定されていい理由にはなりません。

 つまり私に言わせれば現憲法下においても自衛隊は違憲ではありません。

 私の知る限り、私のこのような論拠に近い形で自衛隊を合憲とした学者は、元最高裁裁判官を勤められた伊藤正巳氏のみです。伊藤氏は憲法論では、集会の自由に関するパブリックフォーラム論で有名ですが、自衛隊についてもいくつかの論文で私の主張と同じような主張をされています。

 憲法に自衛隊を明記することにより自衛隊に対するシビリアンコントロールもはっきりさせるべきという論拠にはまったく同調できません。
 自衛隊法があります。
 
 自衛隊法第7条において内閣総理大臣が最高の指揮監督権を有すると規定され、防衛大臣が自衛隊の隊務を統括することが定められています。
 そして、内閣総理大臣も防衛大臣も文民でなければならないのは憲法の規定です。
 さらに、防衛出動に際しては国会の承認を得なければならないことが規定されています。
 
 シビリアンコントロールは確立しています。

 ところが、このシビリアンコントロールが放棄されたことがあります。
 
 東日本大震災において、津波の被害を受けて東京電力福島原子力発電所の2号機が水素爆発を繰り返しました。
 この時、陸上自衛隊に対して輸送用のヘリコプターから原子炉に散水することが命ぜられました。
 これは危険極まりない任務です。
 ただでさえいつ爆発するか分からないのに、直上から水を撒いて急激な温度変化を与えると何が起こるのか想像ができません。
 もし炉心に墜落したら、遺体は数十年間回収できないのです。
 
 これがいかに危険な任務だったかは、福島原発の事故を聞いて沖合200Kmまで避退していた米海軍が、陸上自衛隊のこの必死の作戦を見て、「自衛隊は本気だ。」と言って戻ってきたことからも分かります。

 この任務が陸上自衛隊に与えられた際、時の防衛大臣は「私と首相の思いを汲んで統幕長が決断してくれた。」と述べたのです。
 私はこのインタビューを作戦室のテレビで観て絶句しました。

 「首相と防衛大臣を忖度して統合幕僚長が決断した」と防衛大臣が堂々と述べているのです。
 防衛大臣として「私の責任において、私が命じた。」のではないのです。
 この大臣の属する政党は政治主導を掲げて政権の座に就いたのですが、政治主導どころかシビリアンコントロールまで一挙に放棄してしまったのです。
 
 その後任の大臣は、南スーダンにPKOを派遣するにあたり、その撤収計画を表紙は見たが内容は読んでいないと国会で堂々と答弁しています。つまり防衛大臣として、海外へ自衛隊を派遣するに際し何の監督もしていないのです。
 
 これをシビリアンコントロールと言わないのは言うまでもありません。

 この時の総理大臣は後に退陣に追い込まれましたが、離任に際して「私が在任中最もうれしかったのは、自衛隊の諸君が自衛隊が国民のためにあるという矜持を示してくれたことだ。」と述べました。
 
 多分、これほど自衛官を愚弄し、激怒させた発言は無かっただろうと思います。
 「知らなかったのはお前だけだ! 俺たちは創隊以来ずっとそうやって勤務してきた。そんなことも知らずに自衛隊の最高指揮官の座にいたのか!」というのが痛切な思いです。
 
 私はこの時の政権を支えた政治家のいる政党を到底認めるわけにはいきません。
 
 私がこの首相の退陣の時にすでに現役を離れていたことを皆様は幸運に思わねばなりません。
 5.15事件、2.26事件に続く、平成の動乱が起きたかもしれないのですぞ。
 なにせ、この頃私がよく口ずさんでいた曲の歌詞は次のようなものでしたからね。

   汨羅の淵に波騒ぎ 巫山の雲は乱れ飛ぶ
   溷濁の世に我起たてば 義憤に燃えて血潮湧く

   あゝ人栄えて国亡ぶ 盲ひたる民 世に躍る
   治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり

   止めよ離騒の一悲曲 悲歌慷慨の日は去りぬ
   我等が剣今こそは 廊清の血に躍るかな

 「昭和維新の歌」です。
  ご存じない方は次のURLをクリックしてください。
  https://www.youtube.com/watch?v=J22KEJdNZJ4&t=156s 
 
 とにかく、この国のシビリアンコントロールなどその程度のものでしかないのです。
 さらに申し上げれば、この国の民主主義もその程度のものでしかありません。
 私はこの国の民主主義を全く信じていません。
 要するに、憲法に明記しなければシビリアンコントロールもあやふやになるのではなく、その程度の民主主義国では憲法に規定されようがされまいがあやふやなのです。

 安倍首相がよく言われるのは、「自衛官の皆さんが身の危険を顧みずに職務を遂行されているのに、その身分がしっかりと憲法に書かれていないのは申し訳なく、そのような状況はおかしい。」ということですが、はたしてそうでしょうか。

 自衛隊を創設した吉田首相が防衛大学校の第一回卒業式の訓示で次のように述べています。

 「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。
 御苦労だと思う。
 しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
 言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
 どうか、耐えてもらいたい。」
 
 防衛大学校の出身者たちはこの言葉のとおり、税金泥棒などという罵声を浴びて耐えてきました。
 後にノーベル賞作家となった大江健三郎氏には「防衛大学校生をぼくらの世代の若い日本人の弱み、一つの恥辱だと思っている。」とまで言われました。
 
 しかし、それにもかかわらず、必死になって防衛力の整備と訓練に努めてきた結果、現在の自衛隊があるのです。一朝にしてできたのではありません。
 
 長く、厳しい道のりを一歩一歩歩んできた結果です。
 
 そして現在、国民の多くの方々から信頼を寄せて頂いています。
 
 私に言わせれば「今さら何なんだ!」というところです。

 さらに付言すれば、無理に改憲論議を起こし、国民投票を行って過半数の賛成を得られなかった場合に現役の自衛官が受けるダメージは計り知れないものがあります。
 これだけは何があっても避けなければなりません。
 改憲論議は慎重の上にも慎重を期すべきです。

 そもそも現政権に国防を語る資格があるのかどうかも私は疑っています。
 
 稲田防衛大臣の辞任の後、当時の岸田外務大臣に防衛大臣を兼務させるという暴挙を平気で行った政権です。
 最後まで外交交渉による解決に心血を注ぎ、武力衝突が回避できなかった場合には早期にその収拾を図るために死力を傾注しなければならない外務大臣に、早期に武力により事態を解決する手段を講じなければならない防衛大臣を兼務させるなど言語道断であり、この国の安全保障を舐めきっているとしか思えません。
 そのような政権に安易に第9条の改正をさせるわけにはいかないのです。
 
 またその問題点について言及しなかった評論家やマスコミにこの国の安全保障を語る資格があるとも思えません。
 彼らは芸能人のゴシップを追いかける程度が身の丈であることを知るべきです。

 一方で私が憲法を改正すべきかと思う点が一つあります。
 
 それは第9条ではありません。

 前文です。
 
 この前文に感動するという方が法学部出身の方などには非常に多いのですが、私に言わせればこれほどふざけた前文が世界に他にあるのか教えて欲しいというくらいです。

 前文はこう述べています。
 「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持する、というのはどう考えても正気の沙汰ではありません。全くの他力本願であり、国民に対して無責任すぎます。
 中国の覇権主義や北朝鮮のミサイルの恫喝をどう解釈すればこの前文に感動できるのか納得できる説明をお願いしたいと思っています。
 改正すべきは、この戯けた前文です。

 制服を着ていた頃は国家公務員の憲法遵守義務があり、このような発言はできませんでしたが、コンサルタントは自分の信念に従って言いたい放題ですね。

 次回からまたどうでもいい話に戻ります。

-------------------------------------------------------------------------------------

メールマガジンのバックナンバーは弊社Facebookページからもお読みいただけます。

 Facebookページ 「指揮官の決断/休日」 https://www.facebook.com/aegis.cm
 
 Facebookページでは、当メールマガジンでは見ることのできない写真もご覧頂くことが出来ます。
 是非Facebookページをご訪問ください。

 Twitterでも時々、折に触れて気が付いたことを呟いています。
 https://twitter.com/CaptainHayashi です。

-------------------------------------------------------------------------------------
 当社Webサイトに、専門コラム「指揮官の決断」をアップしております。是非、ご覧ください
-------------------------------------------------------------------------------------

専門コラム「指揮官の決断」掲載のご案内
 
 No.109 自己責任?
 
 フリージャーナリストの安田純平さんが解放され、帰国しました。
 シリアで武装勢力に拘束された3年4か月という月日がどのようなものだったのか、いずれ手記などが発表されるのでしょうが、帰国の機内でのインタビューなどから推測するに、想像を絶する恐怖の日々で、それに耐えてきた安田さんの精神力の強靭さには驚くばかりです。



 続きはこちらからお読みください。

 https://aegis-cms.co.jp/1325


---------------------------------------------------------------------------------------
お薦めのセミナー


 『イキイキ働く社員が育ち団結して業績が伸びる「アクティブメンタル」組織風土づくりセミナー』
  株式会社ココティアコンサルティング代表  高橋 雅美 氏

 
  2018年11月16日(金) 13:30~17:00
  会場:機械振興会館
     〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8
 
 ココティアコンサルティング代表の高橋雅美さんのセミナーについてのご紹介です。
 高橋代表は臨床心理士の資格を持つメンタルヘルスの専門家ですが、ご自身も大企業での勤務経験があり、そこにある様々な問題を自ら経験しておられます。
 つまり、勉強して資格だけ取ったカウンセラーではないということです。

 セミナーが受講する価値があるかどうかとお考えの方は、高橋代表がウェブサイトに掲載されているコラムをまずお読みになることをお薦めします。https://cocotia.co.jp/category/column 
 
 真剣に従業員のメンタルヘルスをお考えの方であれば、高橋代表の考え方がいかに実践的であるかがお分かりになるはずです。
 
 弊社開催のセミナーの同様ですが、こちらのセミナーも内容に納得がいかなければ100%返金保証だそうです。
 御自分のセミナーの内容に自信をお持ちであることが窺えます。

 少人数開催のようですので、早めのお申し込みをお薦めします。
 お申し込みはこちらからどうぞ  https://cocotia.co.jp/category/seminar 


---------------------------------------------------------------------------------------
弊社出版物

  『事業大躍進に挑む経営者のための「クライシスマネジメント」』
   林 祐 著
   セルバ出版

   お求めの方は、こちらからどうぞ。
   https://aegis-cms.co.jp/book1
      

---------------------------------------------------------------------------------------


 Facebookページを公開しています。
 メールマガジン及び専門コラムのバックナンバーをお読みいただけます。

 Facebookページ「指揮官の決断/休日」
 https://www.facebook.com/aegis.cm

  

----------------------------------------------------------------------------------------
 教育訓練の受託を開始いたしました。
 ご要望の多い教育訓練について、専門のスタッフを揃え、新たに教育訓練部門を開設いたしました。
 内容について順次ご紹介して参りますが、弊社Webをご覧頂ければ概要をご理解頂けます。
 こちらをどうぞ
 https://aegis-cms.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
コンサルティングのご案内 当社では5種類のコンサルティングを行っています。
 
1 ACMS導入コンサルティング
  イージスクライシスマネジメントシステムを導入するためのコンサルティングです。
  全6回のコンサルティングで導入できるようパッケージ化されたシステムの導入支援を行います。
  当社開催の戦略セミナーをあらかじめ受講し、コンサルティングの内容等にご理解を頂くことが前提
となっております。

2 スポットコンサルティング
  何が問題で、どうコンサルティングを受ければいいのかわからない、自社にシステムを導入できるの
かどうかわからない、などのご相談はスポットコンサルティングをご利用ください。
 
3 プレコンサルティング
  当社のコンサルティングの考え方をWeb等で理解されて導入を決めている方、一刻も早く導入をしたい
と考えている方には、このプレコンサルティングをお薦めします。
 導入コンサルティングの第1回で行う内容を含んでおり、コンサルティングの概要及び必要な準備作業等
について、関係者全員が揃って受講できるため、理解を共有でき、導入が容易になります。
 プレコンサルティングに引き続き導入コンサルティングを契約される際には、プレコンサルティング料金
は全額返金させていただきますので、費用が無駄になりません。

4 テーラード・コンサルティング
  危機管理組織はすでに構築しているが指揮所演習について指導してもらいたい、中間管理層に活気がな
いので彼らに強力なリーダーとなってもらいたい、プロトコールに自信を持てるようになりたい、などのご
要望には、個別に対応させて頂きます。


5 指揮所演習コンサルティング
  トップと主要スタッフだけで行うことのできるようにコンパクトに設計された図上演習です。
  危機管理の先頭に立つスタッフを育てるために最適な手法として注目されています。

  お気軽にご相談ください。

----------------------------------------------------------------------------------------
図上演習コンサルティングのご案内

 多数のご要望にお応えするため、図上演習に特化したコンサルティングを開始いたしました。
 企業や公共放送機関での指導実績豊かなコンサルタントが各企業の実態に合わせた図上演習の運営
要領を確立します。
 弊社では、図上演習を独自に企画・運営できるようになることを目標としたコンサルティングを行
っています。
 毎回、図上演習の度にコンサルタントを呼ぶのではなく、自社のみで計画できる実力をつけて頂き
ます。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 
 http://aegis-cms.co.jp/cpx


----------------------------------------------------------------------------------------
バックナンバーを公開しています。
 こちらからご覧ください。https://q.bmv.jp/bm/p/bn/list.php?i=aegismm&no=all

メールアドレスの変更はこちらからお手続きください。
   http://aetis-cms.co.jp/mailmag
メールマガジンがご不要の場合はこちらから解除をして頂くことができます。
   
http://q.bmd.jp/bm/p/f/s.php?id=aegismm&mail=uhayashi%40jcom.zaq.ne.jp&no=2

----------------------------------------------------------------------------------------
メールマガジン「指揮官の休日」
発行人:株式会社イージスクライシスマネジメント
    代表取締役  林   祐
email: yhayashi@aegis-cms.co.jp
Web : http://aegis-cms.co.jp
----------------------------------------------------------------------------